asdfasfa

Archive for the ‘英訳ゼミ 感想’ Category

修了生の感想

2011-12-10
東京都 T.Sさん
私は長年企業内翻訳者をしていましたが昨年4月に退職し翻訳者になることを目指しました。本格的な翻訳の勉強はしたことがなく、また企業内翻訳では自分の和訳・英訳を直されたこともなかったため、自分の翻訳力が翻訳者として通用するものなのかわからないままの独立でした。

幸いなことに退職後間もなく陽子先生のトライアルに合格し、お仕事を少しずついただけるようにはなっていましたが、トライアルと本番の仕事ではかけられる時間も量も何もかも違うことだらけで、出来上がった翻訳のレベルに自信のないまま納品ということもしょっちゅうでした。

ですから翻訳講座は自分の翻訳力を磨くチャンスと思い「プロまであと一歩コース」からスタートし、それから「英訳講座」、「英訳ゼミ」を経て現在は「出版翻訳コース」という産業翻訳とは違う分野での翻訳を学んでいます。

実務翻訳における色々なルールや、業種による翻訳のコツ(tips)、翻訳業界の趨勢、辞書や検索などのツールの使い方など、Yoko先生の詳しい解説を通して身につき実務にすぐ役立ったことは数え切れないほどありました。課題に出た内容と似た仕事や課題と同じシリーズの仕事を講座の後にいただいたことも多々ありました。

受講してきた講座の中でも特に印象の強いのはネイティブの先生の添削がつく「英訳講座」と「英訳ゼミ」でした。

自分でわかっているつもりで書いている英語をネイティブが読んだらさっぱり意味不明、ということや、聞きなれているカタカナ英語をそのまま使用して本来の英単語とは意味が違うと指摘を受けたこと、また日本の英語教育の弊害のような「日本人は好んで使いたがるけれどネイティブはまず使わない文法や言い回しや単語」などを指摘され愕然としたことなど、講座を受講していなければわからなかったことが山ほどありました。

同じ課題について書いた何人もの英語を読んで、それでも何について述べているのか良くわからなかった、という先生の感想を聞いた時には英訳の難しさを講座に通っているメンバー全員が痛感しました。

今ではネイティブが読んでわかるだろうか、という観点から英語を書くことを心がけるようになり、複雑な言い回し・文法・big wordの使用などはできるだけ避けて読む人が理解しやすい英語を書くことを目標とするようになりました。

おかげで現在は英訳を中心にお仕事がいただけるようになり、フルタイムの会社勤めをしていた頃より忙しい日々が続いています。

横浜市 M.Yさん
普通、英訳講座というと、分野ごとの日本文の課題を生徒が訳し先生が添削するというものを想像すると思います。しかし、おひさまハウスの講座はこのようなものとは全く異なります。

異なる点は 大きく分けてふたつあると思います。 ひとつは、4回ある課題のテーマがどれも違うという点です。

初めての分野の課題をできるかどうか不安でしたが、実際にトライし てみると、4回とも楽しく充実したものとなりました。苦手と思っていた分野の課題をしているうちに、もしかしたら向いているかもと思うこともありました。

たとえば、契約書の課題では、翻訳はおろか日本語ですらまともに読んでいなかったのでそれを英訳できるはずはないと思っていましたが、ボリュームのある解説と厳しいけれど的確な指導でずいぶん勉強になり、おもしろさを感じるようになりました。

いろいろなことに挑戦させてもらえる講座はあまりないと思うのでぜひおすすめです。

また、課題といえども常に仕事と直結している内容を扱っており、先生の解説も現場の感覚に基づいたものであるため、とても刺激的でした。翻訳の勉強は他の方法 (本や独学)でも可能ですが、ビジネスに直結した考え方や現在の翻訳動向などはやはり仕事をしている現役の方の話が一番参考になり ます。

4つの課題にはそれがたくさん詰まっていて、どのアドバイスも役に立つことばかりでした。

もうひとつは英訳をする上でのプロセスを指導してくださる点です。これが私の英訳そのものに対する考え方を根底から変えてくれました。この講座では、与えられた課題(日本文)をいきなり英訳するのではなく、まず英訳しやすい日本語に変えるのが課題になります。

英訳をする上での前段階を課題にしてそれを懇切丁寧に添削、 解説して下さるのです。とてもユニークな課題でした。

英語にしやすい日本語を考えているうちに、いままで英訳ができなかったのはここをおろそかにしていたからだということがとてもよくわかりました。

和訳でもそうですが、構造も文法も考え方も違う言語を翻訳するのに、いきなり言葉だけを翻訳言語に置き換えようとしてもなかなかうまくいきません。よく考えればこれは当然かもしれませんが、この点をわかりやすく指導してくださる講座は今まであまりなかったように思います。

2ヵ月あっという間に終わってしまいましたが、課題の解説集とワークショップのDVDで何回も復習できるのも魅力的です。翻訳の勉強は終わりがないのでこれからもがんばろうと思います。

Copyright© 2011 翻訳の勉強の悩みを解決!|翻訳の勉強はおひさまハウス All Rights Reserved.